川崎中央クリニックのコラム第22回 そのシミ!消える?消えない?〜シミ治療「スペクトラピコレーザー」〜

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. コラム

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • コンプレックスに縛られないと決めた患者様へ
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

コラム

第22回 そのシミ!消える?消えない?〜シミ治療「スペクトラピコレーザー」〜

美白化粧品に出来る事と出来ない事。

いよいよ紫外線が気になり始めるこの季節。

テレビのCMもこぞって「UV」や「美白」をうたった商品を売り出し始めました。

「いまだかつて無い透明肌へ!」

「美人はシミをゆるさない!」

「頑固なシミにアプローチ!」


など、とても魅力的なキャッチコピーで私たちのハートを掴んできますが、「シミが消える」とは、けっして明言はしていません!

あくまでファジーな印象。

ここで、あらためての疑問。
Q)美白化粧品でシミは消えるの???

A)残念ながらNOです。

美白化粧品に出来る事は「シミを予防すること」であって
すでに出来てしまった「シミを消すこと」ではありません!

美白化粧品に「シミが消える!」という淡い期待を持っている方がいたら、それは大きな誤解であるということを知って頂きたいと思います。

美白化粧品は使うべき???

シミが消えないなら、美白化粧品にお金をかけるのは無駄か?
いえいえ、そんなことはありません。

前述しましたが、

美白化粧品には「シミを予防」する効果があります。

美白有効成分が入った化粧品を毎日のお手入れに取り入れることによって、日焼けによるメラニンの生成を抑えます。

加齢とともに、シミはできやすくなっていきます。それを押さえ込むのが美白化粧品です。

この先、新しくシミを増やさないためにも、美白化粧品を使わない手はありません!

美白化粧品の選び方

様々な美白化粧品があふれている中、いったい何を基準に選んだらよいのか?
実はシンプルな見分け方があります。


「医薬部外品」や「薬用」と記載された美白化粧品を選んでください。


これは、厚生労働省認可の美白成分が、一定の基準の量を満たしている化粧品にだけ記載できる表記です。
つまり国が「なにかしら効果がある」と認めた成分が入っていることを意味します。

各成分が、どの方にも必ず効果を発揮する!とは言い切れませんが、少なくとも専門の研究機関が美白効果を立証した成分なので試してみる価値はあります。
厚生労働省認可の美白成分

・ビタミンC誘導体・アルプチン・トラネキサム酸・コウジ酸 など

実践!シミ知らずのスキンケア

これ以上、シミを作らない!シミ知らずのスキンケアは???
まとめてみました!

①美白化粧品をつかう
美白化粧品を取り入れメラニンの過剰生成を抑え込む。
②保湿化粧品をつかう
保湿をしっかりし、肌水分量を維持することによってターンオーバーを高める。ターンオーバーを高めれば余計なメラニンを排出することが可能です。
(真皮に沈着してしまう前のシミなら角質と一緒に排出することができます。)
③角質ケアの出来る、洗顔やクレンジングをつかう
ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を高めるためにも、古くなった角質を除去する必要があります。また化粧品の浸透を良くするためにも効果的です。
④紫外線対策をぬかりなく
徹底したUVカットは必須条件です。日焼止めには紫外線吸収剤が含まれています。肌に余計な負担をかけないよう、シーンによって使い分けましょう。

日焼止めの「SPF」と「PA」って何を現してる?

SPFは紫外線UVB(日やけ、シミ、くすみの原因)の防御値を示すもの。(50+が最高値)
PAとは紫外線UVA(シワ・たるみの原因)
の防御値を示すもの。(PA++++が最高値)

消えないシミは美容医療におまかせ!

通常、メラニンは表皮の底で生成され、表皮細胞に受け渡されるのですが、
強い炎症によって真皮まで沈着してしまうと化粧品の力や薬の力では改善は不可能なシミとなってしまいます。

最初に言いました、

「美白化粧品でシミを消すことはできない」というのは

既に出来上がってしまった色素沈着系のシミは化粧品では太刀打ちできないということです。

そこで力を発揮するのが、美容医療です。

医療機関のレーザー治療はすでに定着してしまったシミに直接働きかけ、
消すことが可能なのです。

当院では、スペクトラピコレーザー
おすすめしています。

肌全体のホワイトニング効果が期待できます。
  • コラーゲンを増やし、メラノサイトを抑制
  • 肌の新陳代謝を正常化

「シミ」「そばかす」「色むら」に効果を発揮するのはもちろんのこと「くすみ」「肝斑治療」にも対応!

シミ、肝斑などのお悩みをあきらめたくない方!

ぜひ一度、ご相談ください。

当院では患者様一人一人のお悩みに寄り添った、ベストな治療をご提案いたします。

しみ・そばかす・肝斑治療「スペクトラピコレーザー」はこちら→

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約