川崎中央クリニックのコラム第28回 秋のヘアロスにご注意!〜美しい毛髪を再生する・薄毛治療〜

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. コラム

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • コンプレックスに縛られないと決めた患者様へ
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

コラム

第28回 秋のヘアロスにご注意!〜美しい毛髪を再生する・薄毛治療〜

秋は抜け毛が増える季節?

秋になって、シャンプーやドライヤー時の抜け毛の量が増えた気がする・・・

それは、きっと気のせいではないはず。なぜなら、秋は毛が生え変わる時期であることに加え、夏の紫外線ダメージが頭皮にも蓄積されていて、一時的に抜け毛が増える季節だからです。

「なんだ、そういうことか!」と安堵されては困ります。

その抜け毛が本当に一時的なものか?
それとも加齢によるヘアロスの始まりか?


それを見極める事はとても困難なこと。

いずれにしても、今後美しく歳を重ねていくためには「女性のヘアロス問題について」知識を持っていた方がよさそうです。
女性たちのヘアロス問題最近よく美容雑誌などで取りあげられるようになった言葉「ヘアロス」。
ヘアロスは「髪が抜けてなくなる」という意味だけではありません。


・細くなりボリュームやハリを失った髪
・ツヤを失いパサパサになった髪
・白髪になった髪

こういった40代、50代の女性たちが抱えた髪の悩み全てを「ヘアロス」と呼んでいます。(誤解のないように付け加えますが、白髪をありのまま受け入れ、「グレイヘア」として、個性を楽しんでいる方にとっては白髪はヘアロスではないと捉えるべきでしょう。)

歳を重ねたら美しい髪をキープしていくことは不可能なことなのでしょうか?

いいえ!そんなことはありません。日々のケア次第では今からでも美しい髪を取り戻す事はできます!

髪の健康は身体の健康から!

加齢とともに、女性ホルモンの分泌量や免疫力が低下してくるのは仕方のないこと。それに伴い、髪だってヘアロスは進行していきます。
進行の度合いは人それぞれですが、少し生活を改善するだけで髪の健康を取り戻すことはできます。

まずは、何から始めるべきか?答えは単純です。
髪は健康を映し出す鏡です。ですから、まずは身体が健康であることが一番!

ヘアロスはホルモンの乱れの影響もありますが「乱れた食生活」「乱れた睡眠」「運動不足」そういった様々な負の原因が重なりあって引き起こされます。

毎日の生活を少し見直し、改善することで身体にも髪にも変化は現れるはずです。

美髪のカギは頭皮の健康!

「健康な髪の毛」にばかり注目してしまいがちですが・・・

実は重要なのは頭皮の健康状態です!

頭皮は言ってみれば、土台です。土台の健康状態が不良であれば、健康な髪の毛が育つはずがありません。
頭皮に汚れが溜まっていれば、炎症を起こしやすくなりますし、頭皮の血流が悪ければ、髪に必要な栄養や酵素、ホルモンを十分に届けることができません。

正しい頭皮のケアを毎日行うことで、頭皮が健康を取り戻せば、ヘアロスを改善・予防することもできるのです。
あなたの頭皮は健康?簡単セルフチェック
  • 頭皮にかゆみを感じる
  • 頭皮の色が黄色または赤茶っぽい
  • 髪を洗っても、臭いがとれない
  • 頭皮が乾燥している
  • 頭皮がベタベタしている

自分で出来る頭皮ケア!

今の生活に少しだけ工夫を加えるだけで、頭皮が元気になれるポイントを4つほどご紹介!

ポイント①

頭皮の健康を考えて作られたシャンプーを選ぶ!

洗浄力よりも「潤いを奪いすぎない」を重視する。
脱脂力が高いシャンプーも乾燥を引き起こすのでNG。
キューティクルを守るために沢山の泡が持続できるシャンプーが良い。
アミノ酸やタンパク質系の栄養成分が多く配合されているシャンプーが良い。

ポイント②

頭皮だってスキンケアが必要!頭皮用の美容液をつける!

薄毛、白髪、ハリ、コシなど悩みに対応した商品があるので、ご自分の目的に合うものを使ってみましょう。

ポイント③

頭皮マッサージで血流を良くしましょう!

頭皮美容液を付ける時にセットで「頭皮マッサージ」を行うと、より効果が高まります。下から上に向かって1分間。リラックスしながら気持ちのよい程度に。顔のリフトアップにもなります。

ポイント④

ヘアダメージの少ない良質なドライヤーに変えてみる!

風冷風両方の機能があるものを選ぶ。(冷風はキューティクルを引き締める効果があります。)
ヘアダメージを抑えるイオンやオゾンなどの発生機能があるものがベスト。

すぐに結果がでるとは言いません。3ヶ月も続ければ、その効果がきっと現れるはずです。またヘアロスの予防になるのは間違いないので、今現在悩みがない方もぜひ早めに頭皮ケアを始められてはいかがでしょうか。

ヘアロスを医療機関で改善する!

毎日の頭皮ケアも大切ですが、なかなか結果が出ない方、早く目に見える改善を希望される方は、ぜひ医療機関によるプロの治療に頼ってみてください。

当院では女性の薄毛治療に特化した治療法を多くご用意しております。

また当院の「頭髪外来」には毛髪診断士が在籍しており、患者様ひとり一人に合った治療法をご提案しています。お気軽にご相談ください。

まずは無料相談から

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約