夏は「インナードライ肌」にご注意! 〜クリニックの美肌治療〜

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. コラム

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

コラム

第37回 夏は「インナードライ肌」にご注意! 〜クリニックの美肌治療〜

夏は肌の内側が乾燥しています!

空気はジメジメし、汗も大量にかく夏・・・

そのためか、

「夏は冬よりは肌が潤っているから、少しスキンケアに手を抜いても大丈夫!」

と油断してしまいがちです。でも、それは大きな間違い!

夏は紫外線によるダメージに加えて、一日中エアコンの刺激にされされる環境から、実は肌がとても乾燥しやすい状態になっているのです。

夏に肌がベトベト・テカテカしているにも関わらず、乾燥ジワやニキビが増えてしまったなどの肌トラブルが多いのは、

「インナードライ肌」という隠れ乾燥肌が原因です!

今回はこの「インナードライ肌」について詳しくお話します。

インナードライ肌ってなに?

インナードライ肌とは、わかりやすく言うと・・・
肌表面は皮脂によるベタつきがあるにも関わらず、
肌内部の水分量が不足し乾燥している状態

です。

「肌の表面がオイリーだから、潤いはむしろ十分足りているだろう!」と思ってしまいがちですが、まったく逆です。オイリー肌は乾燥のサインでもあります。

そもそも皮脂の分泌量が増える現象は、肌の内側の乾燥を防ぐために、水分の蒸発量を減らそうと過剰に皮脂を分泌してしまうという防衛本能によるものなのです。
さらに、肌表面の過剰な皮脂の分泌は、

・ニキビや吹き出物
・毛穴の開き
・肌のかさつきや炎症
・肌内部の乾燥による小ジワ


などの肌トラブルを引き起こしますので、けっして「インナードライ肌」をあなどってはいけません!

夏の肌がインナードライ肌になりやすいのは?

夏にインナードライ肌になりやすい原因はいくつかあります。

① 紫外線とエアコン
夏は紫外線ダメージが多く、またエアコンによる乾燥などの影響で肌表面が砂漠状態になりがちです。すると肌の内側の水分は蒸発し、乾燥がより進行してしまいます。乾燥を進行させないように、肌は皮脂を過剰に分泌するようになり、インナードライ肌になってしまうのです。

② 間違ったスキンケア
夏は肌のベタつきが気になることから、乳液や保湿クリームの使用を控えて化粧水だけで済ませてしまう人が多いようです。化粧水で水分を補っただけではかえって蒸発しやすいために、ますます乾燥が進行します。

このような間違ったスキンケア・乾燥対策の簡易化がインナードライ肌の原因のひとつだと考えられます。

また、ベタつきを抑えるための、あぶらとり紙の使用も、皮脂を必要以上に取り除き、結果、必要な水分まで奪ってしまう可能性があります。使い過ぎには注意が必要です。

「インナードライ肌」にならないためには・・・

夏のインナードライ肌にならないためのいくつかの対策です

<対策①>夏でも化粧水のあとに、乳液や保湿クリームを塗ることを怠らないようにしましょう!ベタつきが気になる方は、さっぱりタイプのアイテムを探してみいるのも良いでしょう。さらに保湿成分が多く含まれた美容液をプラスするのもおすすめです。しょう。きっと肌のコンディションは変わってくるはずです。

<対策②> 夏はどうしてもテカリが気になり、あぶらとり紙を頻回に使ってしまいがちですが、皮脂をとりすぎない「ティッシュオフ」に切り替えましょう。ティッシュを肌にのせ、そっと手で押さえるだけでも余分な皮脂を十分オフすることができます。


<対策③> 少しの間の外出でも「うっかり日焼け」はしてしまうものです。日焼け止めをしっかり塗って紫外線予防をすることがインナードライ肌対策につながります。また、エアコンの中で少しでも乾燥を感じたら、こまめに保湿を心がけましょう。きっと肌のコンディションは変わってくるはずです。

クリニックで夏のダメージ乾燥肌をリペア

川崎中央クリニックでは、夏のインナードライ肌や、日焼けでのお疲れ肌、エイジング肌のお悩みなどに広く対応できる治療法を各種ご用意しています。

●ジェネシス
肌の角質層及び、表皮から真皮上層に直接働きかける美肌に特化したレーザー光治療器です。コラーゲンの生成を促し、肌のキメを整え、ハリや小じわ改善に効果を発揮します。
毛穴の開きやニキビ跡で
お悩みの方にもおすすめの施術です。

ジェネシスはこちら
●インフィニ
あらゆる肌トラブルに対応した世界初の高周波治療器で、表皮から真皮にわたるまでハイブリッドな美肌治療が可能です。
加齢に伴う肌のたるみ・毛穴の開き・炎症ニキビやニキビ跡
などでお悩みの方におすすめです。

インフィニハイブリッドはこちら
●「乳酸ピーリング」+「イオン導入」
お肌の表面に残っている古い角質を乳酸ピーリングで除去することで、新しいハリのある皮膚を再生させ肌質を改善します。
また、ビタミンや美肌成分をイオン導入で肌の奥まで浸透させることによって美容効果がさらに高まります。
ニキビ・くすみ・しみ・小じわ
などでお悩みの方におすすめです。

乳酸ピーリング・イオン導入はこちら

当院ではカウンセラーが患者様お一人お一人の状態を見極め、状態に適した治療法をご提案します。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約