まぶたのたるみ取りなら川崎中央クリニック

0120-190-929受付9:30〜19:00(完全予約制)土・日・祝日も開院 携帯からも可能!

  1. 美容外科形成外科 川崎中央クリニックトップ > 
  2. 【第73回】40代50代からの「まぶたのたるみ」

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

院長南部 正樹医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

  • 麻酔に関するご案内

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

40代50代からの「まぶたのたるみ」

まぶたが重たく感じるようになったら

年齢を重ねるにつれ出てくる「たるみ」は、皮膚がデリケートな目元周辺に顕著に現れます。

中でも「まぶたが重たく感じるようになった」という悩みは放ってはおけない症状です。

たるんできたまぶたが目に覆いかぶさり、目が小さくなった…
目が開きにくく、視界が狭くなった…

このような症状は、眼瞼下垂(がんけんかすい)の疑いがあります。

眼瞼下垂はただの老化と放っておくと徐々に進行し、視力低下や頭痛の原因にもつながるので、早いうちに改善すべき症状です。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、加齢に伴う皮膚のたるみと、まぶたを支える筋肉(眼瞼挙筋)の低下によって、まぶたが下がり十分に目が開かなくなる症状です。

眼瞼下垂の諸症状

  • ・まぶたの皮膚が目に覆いかぶさり、目が小さくなる
  • ・目の形が変わり、見た目の印象が変わる(目つきが悪くなるなど)
  • ・まぶたのせいで視界が狭くなり、視力が悪化する
  • ・まぶたのせいで視界が悪くなり、目が疲れやすくなる
  • ・頻回に目を大きく見開く動作によって、額や眉間に深いシワができる
  • ・視界が悪いせいで肩こりや頭痛が悪化する

若年層に増加している「後天性の眼瞼下垂」

眼瞼下垂はほとんどが加齢による老人性眼瞼下垂ですが、近年20代・30代の若年層の間でも「後天性の眼瞼下垂」を発症する方が増えてきました。

「後天性の眼瞼下垂」は普段の生活習慣が原因で起こるものです。
原因となる生活習慣は以下のとおり。
  • ① コンタクトレンズの装着時&取り外し時にまぶたをひっぱる動作を繰り返し行なっている。
  • ② 花粉症や皮膚炎によるかゆみで、目元周辺をこする動作が多い。
  • ③ 過剰なアイメイクやアイプチ(二重形成コスメ)の繰り返しで、目元周辺の皮膚にダメージを与え続けている。

このような習慣の積み重ねが原因で、若年層の間にも眼瞼下垂が急増しているのです。改善をしないまま歳を重ねれば重症化する可能性が高くなると言えるでしょう。

当院の眼瞼下垂治療

眼瞼下垂は進行すればするほど大掛かりな手術となります。

症状が軽いうちに治療をすることがベストな選択と言えるでしょう。

当院では、重度の眼瞼下垂の治療にも対応できる「挙筋短縮法(経皮法)」や皮膚を切らずに瞼の裏側から眼瞼下垂修正を行う「タッキング法(経結膜法)」という治療をご用意しております。

  • ・眼瞼下垂でお悩みの方
  • ・まぶたのたるみでお悩みの方

ぜひお気軽にご連絡、ご相談ください!

●挙筋短縮法(経皮法)

高度な技術で、重度の眼瞼下垂の治療が可能!

【特徴】

  • ・目の開きが良くなることで、眉毛を上げる癖がなくなります。
  • ・黒目がより露出することで、目ヂカラがUPします。

挙筋短縮法(経皮法) 詳しくはこちら

●タッキング法(経結膜法)

まぶたの裏側から手術するので、顔の表面に一切傷をつけません。

【特徴】

  • ・術後の傷跡は見えません。
  • ・目の開きが良くなり眉を上げる癖がなくなります。
  • ・黒目がより露出することで、目ヂカラがUPします。

タッキング法(経結膜法) 詳しくはこちら

まずは無料相談からどうぞ→

<この記事の監修ドクター>
南部 正樹  医師
(日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医)

経歴
 平成10年 防衛医科大学校卒業
 平成10年 防衛医科大学病院 形成外科入局
 平成22年 中央クリニック 院長就任

監修医師紹介ページはこちら

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

院長紹介

院長 南部 正樹
院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

私たちは多くの患者様に‘気軽に通えるクリニック’、‘相談しやすいクリニック’を目指して日々治療や施術、カウンセリングをはじめ、リラックスできる空間づくりに心がけております。お一人ずつ患者様のご希望に合わせた治療、安全な治療、最善の治療をご提供できるように私も医師として日々努力してまいります。
私たちのクリニックが皆さまにとって‘信頼できるクリニック’でありましたら幸いです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

当サイトは医療機関ホームページガイドラインを遵守して運営しております

当院では、厚生労働省から発表された「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針」に従い、ホームページの修正をしております。患者様にはご不便をおかけ致しますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

詳しくは医療機関ホームページガイドラインについてのページをご確認ください。

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

初回来院は相談無料です。お気軽にご予約ください。
受付 9:30〜19:00(完全予約制)
土・日・祝日も開院 携帯からも可能!

0120-190-929

インターネットでのお問い合せ

初回来院は相談無料です。お気軽にご予約ください。
専門のカウンセラーが親切丁寧に対応いたします。