ご自身の脂肪を採取し、気になるくぼみ部分に自身の脂肪から摘出した脂肪幹細胞と自己血液から摘出したW-PRPを同時に注入。

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. 診療科目 > 
  3. しわ・くぼみ > 
  4. W-PRP脂肪幹細胞注入

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • コンプレックスに縛られないと決めた患者様へ
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

W-PRP脂肪幹細胞注入

W-PRP脂肪幹細胞注入とは

表情じわを改善し、自然な若々しい印象にご自身の脂肪を採取し、気になるくぼみ部分に脂肪を注入する一般的な治療「脂肪注入法」があります。W-PRP脂肪幹細胞注入法は、自身の脂肪から摘出した脂肪幹細胞と自己血液から摘出した血小板を同時に注入することで、脂肪の生着率が高まり、効果が長期間持続されます。自己脂肪細胞を使用するため、異物反応の心配がなく、安全で自然な仕上りにすることができるのが特徴です。

W-PRP脂肪幹細胞注入法の特徴

Point01 80%以上の生着率!Point02 1回の治療でOK!Point03 効果的な若返り!

W-PRP脂肪幹細胞注入法

Memo

幹細胞
様々な細胞に変化する特殊な細胞です。幹細胞は注入されると脂肪細胞やその脂肪細胞に血液を運ぶ血管になります。
W-PRP
自己血液に含まれる血小板を高濃度に濃縮させた、血小板を多く含むPRP「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう Platelet-Rich Plasma)」に濃縮した適量の白血球を混入したもの。

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

川崎中央クリニックのW-PRP脂肪幹細胞注入

当院の脂肪注入は、脂肪吸引により採取した自己脂肪と自己脂肪組織から分離摘出した幹細胞、自己血液から摘出したW-PRPを注入するため異物反応がなく、 発ガンなどの後遺症の心配がありません。また、従来の脂肪注入の場合は脂肪細胞の大きさにばらつきがあり、表面がデコボコになるケースがありましたが、当院では良質な脂肪を注入することで、皮膚が薄い部分も自然な仕上りにすることが可能です。

美容外科形成外科 川崎中央クリニックはココが違う!

防衛大学形成外科 再生医療研究グループ美容皮膚科学医療、皮膚再生医療の最新研究データを基に、より質の高い医療を提供します。
脂肪の高い生着率
通常、脂肪は注入されると毛細血管に取り込まれ、その部位の組織として生着します。
生着率に個人差がありますが、従来の脂肪注入法で注入した場合、脂肪の約30%~50%程度が生着し、残りは自然に体内に吸収されてしまいました。

一方、W-PRP脂肪幹細胞注入法は、脂肪幹細胞とPRPを同時注入するで、脂肪細胞自体の数も増え、栄養を供給する血管が新しく生まれ、より多くの脂肪細胞が生着することになります。その結果、生着率を約80%にまで高めることが可能となりました。
W-PRP脂肪幹細胞注入法(80%程度)従来の脂肪注入法(30%程度)
良質な脂肪
脂肪の採取からコンデンス処理、幹細胞の摘出から注入まで、無菌状態で行います。再生医療の技術を取り入れた、脂肪注入プログラム。
遠心分離器 遠心分離後の血液(イメージ) 良質で滑らかな脂肪

Memo

ヒアルロン酸との違い
ヒアルロン酸とW-PRP脂肪幹細胞注入法の大きな違いは、効果の持続期間と自然な仕上りにあります。従来の脂肪注入では十分な量の脂肪が生着するために2〜3回の施術が必要でしたが、脂肪幹細胞注入では1回の施術で十分量の生着が可能です。原則、継続治療は不要です。自分の脂肪が生着するため、ヒアルロン酸に比べて柔らかく自然に仕上がるのが特徴です。

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

川崎中央クリニックのW-PRP脂肪幹細胞注入の特徴

特徴1
80%以上の生着率で、効果が持続。
特徴2
1回の治療でOK!原則、継続治療は不要。
特徴3
「くぼみ」や「しわ」が消えるだけでなく、肌の細胞が再生されハリが復活。
特徴4
目の下のクマにも効果があります。
特徴5
注入物は、すべて自分のものから作られます。

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

このような方に向いています

  • 効果の持続性がある治療をしたい方
  • メスは入れたくない方
  • しっかり若返りたい方

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

施術の流れ

カウンセリング・診察
症状についてしっかりとカウンセリングをし、お肌の診察をします。
心配な点や分からないことなど何でもご相談ください。
血液の採取
自分の血液を採血します。(10cc)
脂肪の採取
注入部位を確認し、お腹や太ももから注射器で脂肪を採取します。
(10〜20cc)
PRP作成
遠心分離器を使用し、PRP(多血小板血漿)と白血球を取り出します。
注入(局所麻酔)
脂肪幹細胞とPRPを気になる部分に注入していきます。
アフターケア
手術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。
お話をうかがい、必要があるようでしたら検診にご来院いただきます。

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

施術について

所要時間 約30分
施術回数 通院なし
痛み 麻酔クリームを塗布しますので、痛みはほとんどありません
ダウンタイム ほとんどありません。
アフターケア 注射後よりメイク可能です。
注意事項 注射によって内出血がでることがありますが、通常10日〜14日程度で消失します。

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

組み合せると効果的な施術

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

よくある質問

どれくらい腫れますか?
個人差や移植する量によりますが、約1週間でおおまかな腫れは落ち着きます。
ヒアルロン酸を入れたことがあるのですが、脂肪注入できますか?
ヒアルロン酸が完全になくなっていれば問題ありません。
もしなくなっていなければヒアルロン酸の分解注射をして脂肪注入することになります。
しこりになることはありませんか?
一か所に大量の脂肪を注入するとしこりになることがあります。
そのため、しこりにならないように少量ずつ、まんべんなく注入することが大切です。

W-PRP脂肪幹細胞注入に関するよくある質問をもっと見る

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

料金

詳細 費用 備考
目の上   250,000円  
目の下   250,000円  
  350,000円  
鼻唇溝   300,000円  
こめかみ   300,000円  
ゴルゴライン   300,000円  
マリオネットライン   300,000円  
脂肪注入・PRP脂肪幹細胞注入については、通常1回の治療で済み継続治療は原則不要です。
(2回目以降の治療は、通常料金の半額となります)

くぼみの改善治療にはW-PRP脂肪幹細胞注入TOPへ

施術メニュー

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約