川崎中央クリニックで使用している麻酔の種類

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科形成外科 川崎中央クリニックトップ > 
  2. 川崎中央クリニックで使用している麻酔の種類

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

院長南部 正樹医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

  • 麻酔に関するご案内

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

川崎中央クリニックで使用している麻酔の種類

麻酔は、全身麻酔と局所麻酔に大きく分けられます。麻酔方法は患者様の手術内容、手術時間、手術部位などを考えて決定します。

局所麻酔

皮膚に注射で麻酔薬を注入します。

内出血を防ぐためにエピネフィリン入りのキシロカイン、濃度は1%と0.5%を使用

お顔の手術の場合は30G、32Gなど極細の針を使用し麻酔薬を注射します。

お体の手術の場合は麻酔の量が多くなるため少し大きめな注射器を使用します。

全身麻酔

吸入麻酔薬セボフルランを使用。

全身麻酔では、通常、マスクから麻酔薬を吸入することにより入眠し、意識がなくなります。麻酔導入中はマスクを通して口から酸素をおくりこみますが、呼吸の状態によっては呼吸を補助するために、口から喉にチューブを入れて酸素をおくり、自発呼吸の補助をおこなう場合もあります。
手術中は意識がなく、痛みを感じることはありません。手術終了とともに麻酔薬の投与を止めると、麻酔からさめてきます。
状態が悪い場合には、意識の回復が遅くなることがありますが、通常、麻酔のせいで目が覚めないということはありません。

マスクは大きい方用と普通サイズをご用意しております。

麻酔時間が30分以上になる手術の場合は、自発呼吸の補助を促す目的でラリンゲルマスクという管を喉の奥まで挿入し呼吸管理をします。

麻酔導入時にプロポフォールを注射して全身麻酔がスムーズに導入されるようにします。

表面麻酔

レーザー照射時の痛みの緩和目的で使用します。クリームを塗って30分経過すると塗った部分の感覚がなくなります。

点眼麻酔

目元の手術の際に点眼します。

全身管理

手術中は心拍数、血圧、酸素濃度などをチェックしながら全身管理をおこないます。

全身麻酔の前準備

麻酔の際には、もどしやすい状態になることがあります。もどした食べ物は気管や肺に入ることがあり、窒息や誤嚥性肺炎をひき起こします。そのため、麻酔前は胃の中に食べた物が残っていない状態にする必要があります。川崎中央クリニックでは6時間前から絶食、3時間前からお飲み物もお控え頂いた状態でご来院頂くようお願いをしております。

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

院長紹介

院長 南部 正樹
院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約