川崎駅東口徒歩1分の若返り専門クリニック-美容外科形成外科川崎中央クリニック

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. 目の下のたるみ タイプ別治療法

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

気になる「目の下のたるみ」タイプ別治療法

Type01 目の下がくぼんでいる(凹んでいる)

内側からふっくらさせて、若々しい印象に。「目の下のくぼみ」の多くは、加齢による筋肉の衰えやたるみが原因とされています。目のまわりの筋肉が弱まり、頬にある脂肪は垂れて目の下の脂肪もそれに伴い下がってしまい、くぼみができてしまいます。

当院の目の下のくぼみに適した治療法は、「ベビーコラーゲン」や「ヒアルロン酸注入」をお勧めしています。

ベビーコラーゲン注射

ヒト由来のコラーゲンをダイレクトに注入。ベビーコラーゲン注射は、従来ヒアルロン酸注射では難しかった目の下のくぼみや目のまわりの小じわ、口の周りのしわなど細かなしわへの治療が可能です。
Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50で配合した唯一のヒト由来コラーゲン注入剤で、アレルギーテストの必要もありません。ハリと弾力のある肌へと導きます。

ヒアルロン酸注射

症状に合わせて適したヒアルロン酸を使用気になる部位、症状によって注入するヒアルロン酸は変わってきます。当院では患者様お一人おひとりに合うヒアルロン酸製剤を今までの臨床経験に基づき厳選しています。ヒアルロン酸注射はこちら

目の下のたるみ別治療法の先頭へ

Type02 目の下が膨らんでいる

目の下の脂肪の膨らみを取ってスッキリした目もとに。目のまわりの眼輪筋や眼球を支える靭帯は加齢とともに緩んできます。そして、筋肉や靭帯のゆるみで眼球が下がり、目の下の脂肪が押し出されてぷっくりと膨らんだようになります。これが目の下のたるみです。
眼窩脂肪による膨らみの下に凹みができて影ができます。これが黒クマなどの原因です。

ウルセラアイ

目の下のたるみを超音波の力で改善。当院では、ウルセラを使用した目の下のたるみ・クマの改善治療を可能としました。ウルセラアイは、皮膚の浅い層(真皮層)へ照射をするため、早い段階から効果を実感していただけます。また、治療時の痛みを緩和するため、最新のクーリングシステムを導入しています。ウルセラアイはこちら

経結膜脱脂法

状態に合わせて、美しい仕上がりを実現。目の下のたるみの原因となる眼窩脂肪をたるみの状態に合わせて取り除きます。外側、中央、内側からバランスよく脂肪を取り除き、若々しく自然で美しい仕上がりを実現します。経結膜脱脂法はこちら

目の下のたるみ別治療法の先頭へ

Type03 目の下の膨らみと凹みが混合している

2つのアプローチで解消。眼窩脂肪が押し出されてできる膨らみと、その膨らみと凹みによる溝ができて、よりクマが濃くなった状態です。このような状態の場合は、「目の下の膨らみ」または「目の下のくぼみ」どちらかの治療をしても解消されることはありません。経結膜脱脂法で余分な眼窩脂肪を取り除き、たるみを治療する必要があります。

組合せ治療

組合せ治療で、目の下の膨らみと凹みを解消。経結膜脱脂法で目の下の膨らみを取り、状態を診てベビーコラーゲン・サーマクールアイCPT・ウルセラアイなどで治療を行います。

サーマクールアイ

状態に合わせて、美しい仕上がりを実現。従来のサーマクールでは、目もとは皮膚が薄いため治療をすることができませんでした。そこで開発されたのが、目もと専用チップです。皮膚の深層部に高周波エネルギーを届けてコラーゲンを収縮し引き締めることで施術直後からハリを実感していただけます。サーマクールアイはこちら

目の下のたるみ別治療法の先頭へ

Type04 目の下の皮膚がたるんでいる

小じわや皮膚のたるみを解消。目の下の筋肉(眼輪筋:がんかきん)がゆるみ、皮膚がたるんでしまった状態です。
症状にもよりますが、目の下の脂肪やたるんだ皮膚を除去することで、若々しい印象の目もとを手に入れることが可能です。

目の下のたるみ取り

下まぶたの“たるみ”や“しわ”を少なくして目もとを若返らせる。下眼瞼切開(下まぶたのたるみとり)は、まつ毛の直下を切除して、たるんでいる皮膚を取り除きます。必要に応じて脂肪(眼窩脂肪)も切除または、目の下のくぼみの部分に移動し、くぼみを改善します。皮膚の縫合は極細の糸で縫合しますので、傷跡は目立ちません。目のまわりは皮膚が薄く傷の治りがきれいに仕上がりますので心配ありません。目の下のたるみ取りはこちら

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約