インプラント豊胸なら川崎中央クリニック

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. 診療科目 > 
  3. バスト > 
  4. インプラント豊胸

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

インプラント豊胸

インプラント豊胸とは

マシュマロのような柔らかく自然。理想の形と大きさのバストを手に入れる。

当院のインプラント豊胸のこだわりは、術後ほとんど痛くない、術後マッサージがほとんどいらないことです。術後の疼痛は手術中の局所の麻酔を使用することや剥離を滑らかに行うことにより軽減できます。手術中の出血量がほとんどないために硬縮が少なく、マッサージも少なくて済みます。(大胸筋下に挿入した場合はマッサージが必要です。) 腋下より最小限の切開で挿入し、傷口は丁寧に縫合しますので傷口も目立ちません。 挿入するシリコンはオーダーメイドで患者さんのご希望のサイズを使用します。

川崎中央クリニックのインプラント豊胸

川崎中央クリニックのインプラント豊胸術では、過去のデータから最もトラブルの起きにくいとされる「Motiva(モティバ)」を採用しています。

MOTIVA(モティバ)の特徴

ジェル充填量が100%だから「リップリング」を軽減

「Motiva」はバック内のジェルの充填量が100%です。
そのため、時間が経過しても形が崩れることなく、より自然なバストラインをキープすることができます。胸を張った時の感触もこれまでにない自然な柔らかさを実現しています。

※リップリングとは、体内でバックにシワや変型が生じて胸がポコポコした感じになる問題のこと。

バックの表面加工はシルクのようなスムースシルク加工

従来の豊胸バッグの表面はザラザラしていて、体内で「皮膜拘縮」などのトラブルもあり、術後には毎日のマッサージが必要でした。一方、「Motiva」は表面をシルクのような質感で、組織と一体化するため拘縮は起こりにくく、挿入後のマッサージは生涯不要とされています。
また、表面の凹凸が少ないためバッグ挿入の際の抵抗をが少なく、小さな切開からのバッグ挿入が可能です。

豊富なサイズバリエーション。
ミリ単位で選べるオーダーメイド感覚のバストアップ

患者様おひとりお一人に合ったバッグが選べるので、自然で美しいバストラインを実現できます。個人に合わせて胸の幅を基準に、8.5cm~15cmまで5mmおきの直径と高さを選べる豊富なサイズのバッグをご用意しています。

ジェルを包む外膜は6層構造の優れた耐久性

従来のバックの外膜は1~4層構造で作られていましたが、Motivaは外膜を6層にすることで、安全性と耐久性を飛躍的に向上されました。また、外膜の中層に「Barrier Layer」という高性能な膜を備えることで、内部からのジェル漏れを防御します。

ISO13485取得、英国マンチェスター国立大学とEL社の共同研究

MOTIVAの製造にあたりEL社はBSI(英国規格協会)による世界で最も厳しい国際規格のISOに基づいた製造と規格営業を行っている証です。マンチェスター国立大学は20世紀の発明に数多く貢献し、現在までに25人もの卒業生、研究生、教授らがノーベル賞を受賞しています。

インプラント豊胸TOPへ

川崎中央クリニックのインプラント豊胸の特徴

特徴1
ご自身の希望するバストの形、サイズを選べる。
特徴2
「リップリング」と呼ばれるシワや変形が起こりにくい。
特徴3
インプラントの耐久性は半永久的なので、バストアップ効果も半永久的に持続します。

インプラント豊胸TOPへ

このような方に向いています

  • 痩せ型の方
  • 胸の形にこだわりたい
  • 永久的に持続するバストアップが希望
  • サイズを自由に選びたい

インプラント豊胸TOPへ

施術の流れ

カウンセリング・診察
ドクターによるカウンセリングを行います。
患者様のご希望をお伺いした上でどの豊胸術が最適であるかをご納得頂けるまでご説明致します。
インプラント豊胸のご不明点やご不安な点をドクターが丁寧にご説明致します。
バックの形状、サイズを決定
当院で使用するインプラント豊胸バッグは、「Motiva」という最新型の豊胸バッグです。
「Motiva」は過去のデータから、最もトラブルが起きににくく、形がキレイに出るつくりになっています。
サイズ展開も非常に豊富なため、患者様の微妙なサイズのお好みにも対応致します。
デザイン
バッグを入れるために切開する箇所を、直接患者様のお体に書き込み、理想のバストを作るためのデザインを行います。
この作業は、経験とデザインセンスを有し、仕上がりを左右する大切な作業となります。
ワキの下3〜4cm切開
全身麻酔を行ったあとに、ワキの下のシワに合わせて、3~4cmを切開します。切開部分からインプラント(豊胸バッグ)を挿入していきます。
手術中は、麻酔が効いているため、痛みは全く感じません。
バストバンドで固定
手術終了後はバストバンドにて胸部を固定します。腫れや内出血を抑え、バッグの位置を安定させるために行います。
手術当日は回復室で休憩して頂いた後お帰りいただけます。 日常生活は翌日からいつも通りおくれます。
2〜3日後検診
経過を検診するためにご来院頂きます。拘縮が起こっていないか、バックが安全な位置に挿入されているかを診察致します。
7日目抜糸、それまでテープ保護
7日目抜糸 それまでテープ保護 手術から1週間後に抜糸を行います。それまではテープ保護をしておきます。
特にマッサージなど不要
特にマッサージなど不要マッサージなどは特に必要ありません。 腫れ、内出血は、1週間~2週間かけて落ちいてきます。
【腫れ】1週間
【抜糸】1週間後
【通院】5回
【メイク】当日から可能
【シャワー】傷以外は翌日から可能

インプラント豊胸TOPへ

施術について

所要時間 1時間程度
施術回数 術後の通院2〜3回
痛み 全身麻酔をします
ダウンタイム 腫れ(2〜3週間)
アフターケア シャワーは翌々日から可能。入浴は1週間後から可能。
注意事項 術後2週間程度は、過剰な運動、飲酒は避けてください。

インプラント豊胸TOPへ

よくある質問

どんな感触ですか?
柔らかい最新のインプラントを採用してますので自然な柔らかさです。 痩せ型の方だと稀によく触るとバックの感触が触れてしまう方もいら っしゃいます。
バックの安全性は高いですか?
アメリカ、フランス、EU(ヨーロッパ共同体)などの先進国で認可された バッグのみをお勧めするようにしています。万が一バックが破けても中身が流出しない構造になっています。
施術後、マッサージは必要ですか?
当院ではマッサージをしなくても被膜(カプセル)拘縮をおこす人はほ とんどいらっしゃいません。
特に大胸筋下にバッグを入れたときに行うマッサージの痛みは強い ですが、その苦痛がなくなり、しかも通院の面倒さもなくなります。

インプラント豊胸に関するよくある質問をもっと見る

インプラント豊胸TOPへ

痛みと傷跡について

<痛み>
豊胸手術の際は、麻酔を用いますので、痛みはありません。
豊胸手術の際の麻酔の中に、止血剤と炎症剤を使用いたします。
豊胸手術後に内服薬も併用することで、痛みに弱い方にもご安心を頂いております。

豊胸手術の痛み
当院のインプラント豊胸は、拘縮を抑えるための術式を行っているので(詳しくはこちら)痛みを伴うようなマッサージは必要ありません。

侵襲的・非侵襲的に行われるかで、拘縮(炎症反応)が起こるかが決まります。
非侵襲的に行う手術を行えば、術後の痛みはほとんど気になりません。
痛みの感じ方は人それぞれですが、当院の豊胸手術は、「豊胸」と聞いて多くの方が 想像するような痛みを感じることはございません。


<傷跡>
インプラント豊胸は、腋下のもともとあるシワに沿って3から4cmの切開を行いますので、 ほとんど目立たなくなります。
ワキは、もともと3~4本のシワがあり、そのシワに馴染んでしまいますので、 手術跡はほとんどわからなくなります。
はじめの数ヶ月は赤みが出ますが、徐々に目立たなくなり、シワとの見分けがつかなく なるのは約半年くらいです。
患者様それぞれの皮膚の厚みやお好みの質感をお伺いしたうえで、 一番良い施術法をご提案致します。

インプラント豊胸のリスク

<胸が硬くなってしまう拘縮(こうしゅく)>
胸にバックを挿入するということは、人体に「異物」を入れるをいうことです。
人体は、免疫反応を言うものが備わっているため、外部から「異物」に対して排除しようとする働きをします。
人体は、排便や排尿で体外へ排除できないものが体の中にあると判断した場合、他の器官に影響を及ぼさないよう、「異物」をカプセル状にしてなるべく小さくしようとします。
豊胸バッグが、人体に「異物」と判断された場合、カプセル状にしようとする免疫反応が起こり、挿入部の周辺組織がバッグをカプセル状に覆って動かないようガチガチに硬くしてしまいます。
この状態を拘縮(こうしゅく)またはカプセル拘縮(こうしゅく)と言います。

当院のリスク対策

拘縮を抑えるには、バッグ挿入部の範囲をしっかり剥離し、出血を最小限に抑えることで、 人体に「異物」が挿入されたという免疫反応をなるべく起こさせないようにします。 剥離時に止血剤を用いながらしっかりと止血を行う術式には、スピードと技術が不可欠です。執刀医によって拘縮するかしないかに大きなさが出ます。当院南部院長の形成外科医として培ってきた経験に裏付けられた、拘縮のリスクが少ない手術を行っています。
また、当院では、最新型の豊胸バック「Motiva」を使用しております。
現存の豊胸バッグの中で最新のバッグで、今までに蓄積されたデータから、現状の起こりうるリスクを最小に抑えられる設計となっております。

インプラント豊胸TOPへ

料金

詳細 費用 備考
インプラント豊胸 (バック挿入) 800,000円  
表示価格は全て税別価格となっています。
当院は自由診療のクリニックです。
保険診療は行っておりません。
初診料・診察料は別途かかりません。

インプラント豊胸TOPへ

施術メニュー

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約