川崎中央クリニックのコラム第7回「見た目年齢」に差をつけよ その4〜若々しい髪を取り戻せ〜

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. コラム

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • コンプレックスに縛られないと決めた患者様へ
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

コラム

第7回 「見た目年齢」に差をつけよ その4〜若々しい髪を取り戻せ〜

女性のシンボル的な存在「髪」「髪は女の命」という言葉、よく耳にします。女性たちは「髪」を自分を表現する道具として活用してきました。60年代ツイッギーカット、70年代お姫様カット、80年代聖子ちゃんカット、ワンレン、ソバージュ、90年代ワッフル、シャギー、茶髪。いつの時代も女性たちは髪でおしゃれを楽しみ、文化を創り、社会を華やかに彩ってきました。
それだけに髪の毛というものは「女性のシンボル的な存在」であり、いつまでも美しい髪の毛を保っていきたいという気持ちは、女性なら誰しもが抱き続ける願望と言えるでしょう。

豊かで艶やかな髪というのはまさに若さの象徴であり、見た目年齢を考える上で欠かせない重要ファクターであることは間違いありません。

近年増え続ける女性の薄毛近年、ドラッグストアに女性用育毛剤が多く置かれるようになりました。大型の専門店には「女性のための育毛専用コーナー」が設置されるほどの人気ぶりです。これは抜け毛や薄毛で悩む女性が増えていること、またCMなどの普及により、抜け毛&薄毛へ関心を持つ女性が増えてきたことが影響しています。

ではなぜ、女性の薄毛が急増しているのでしょうか?
女性の薄毛の原因を熟知せよ
まず、重要なことは女性と男性では薄毛のメカニズムが異なるということです。

男性の薄毛は額や頭頂部から進行するケースが多く、原因の多くは男性ホルモンによる遺伝的なものとされています。

一方、女性の薄毛は全体的に薄くなるケース(びまん性脱毛症)が多くみられます。これはホルモンによる影響で、セロトニン系神経の機能と密接な関係にあるエストロゲン(卵胞ホルモン)が主な原因です。
更年期に入ると、このエストロゲンが急激に減り、40代頃を境に抜け毛、薄毛が始まるというメカニズムです。

しかし、近年では20代、30代の若年層にまで抜け毛、薄毛で悩む人が急増しています。それはここ数十年で急変してきた生活スタイルに原因があるようです。

薄毛を促進する生活習慣とは?

睡眠不足 髪の毛の成長に深く関係している成長ホルモン。
分泌量が多くなる時間帯(22時〜2時)の間にできるだけ睡眠をとりましょう。
バランスの悪い食事 髪の毛の主な原料であるタンパク質は栄養状態が悪いと失われてしまいます。また、頭皮と髪の活性化に欠かせない亜鉛やミネラル、などはサプリメント等で補給することも有効です。
※サプリメント外来についてはこちら
過度なダイエット 極端に食事の量を減らすダイエットは体のためにも髪のためにもよくありません。十分に髪に栄養が行き届かず抜け毛や脱毛の原因になります。運動も取り入れたダイエットを行いましょう。
運動不足 適度な運動をすると新陳代謝が活発になります。また運動による爽快な疲労感が質の良い睡眠やストレスを解消してくれます。
頭皮環境 紫外線などの日常対策の他にヘアケア製品の刺激も侮れません。過度のカラーリングやパーマ等、なるべくダメージを与えないように気をつけましょう。

このように、私たちを取り巻く生活習慣の変化が、現代、広い世代を悩ます「抜け毛、薄毛」の原因の正体であることは否めないようです。

逆に言えば、上記のような生活習慣を避ければ「抜け毛、薄毛」を予防し回避することが出来ると言えるでしょう。今日からでも是非!アンチエイジングは常に日々の積み重ねですから。


最後にもう一度。「髪は女性の命です」
女性にとって、髪のコンプレックスは男性以上に根深い心の闇となり、それがさらに自己嫌悪を引き起こし精神的ストレスとなって薄毛を悪化させるという悪循環につながるケースも多くあるようです。

今は、いろいろな育毛剤や、精巧に作られたウィッグ(カツラという言葉より親しみやすいですよね)の登場により、悩みから脱却し若さを取り戻すこともできるようになりました。
また、さまざまな治療法も開発され、今もなお進化し続けているようです。

悩み続けて、心の若さをも失っていくのは実にナンセンス!
勇気をもって一歩踏み出してみませんか?

川崎中央クリニックの「頭髪外来」には毛髪診断士が在籍しており、患者様ひとり一人に合った治療法をご提案しています。お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約