川崎中央クリニックのコラム第9回秋のスキンケアで差をつける 〜潤いを取り戻してしわ対策〜

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. コラム

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • コンプレックスに縛られないと決めた患者様へ
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

コラム

第9回 秋のスキンケアで差をつける 〜潤いを取り戻してしわ対策〜

笑ったらしわって増えちゃうの? 友達とのおしゃべりタイム。うわさ話や思い出話に花を咲かせ、ときには涙を出しながら大笑い。女性にとって、楽しい会話で大笑いすることは一番のストレス発散方法かもしれません。でも、目尻のしわを抑えながらこんなことを口にする人いませんか? 「やだ〜笑わせないでよ〜しわが増えちゃう!」 何をおっしゃいますか。笑ってこそ人生、思いっきり笑わずして人生を楽しむことなんてできません。アンチエイジングの立場から考えても、表情を動かさない事は筋肉の衰えにつながり、たるみの原因にもなります。
とはいえ「笑いジワ」という言葉があるように、笑ったときに現れる、目尻や口回りのしわは深くなると見た目年齢に差がついてしまうのも事実です。

一気に夏の疲れが肌に現れるこの季節。今からやっておきたいしわ対策について今回はお話します。
しわの大敵は乾燥 強い日差しの季節が終わり、ホッと一息したいところですが、実は秋は極端な気温の変化や夏に蓄積した紫外線の影響でお肌が一番悲鳴をあげている季節なのです。さらに空気の乾燥が追い打ちをかけ、皮膚の潤いを奪い、固くなった表皮は「しわ」にとって格好の定着場所となってしまいます。

そうならないためには、まず「保湿によるダメージ回復」→そして「乾燥から肌を守る」
この二点が重要なポイントとなってきます。

今すぐ始めたい秋のスキンケア

その1 角質を除きましょう

夏の紫外線ダメージにより疲れた肌は、代謝が低下しているため古い角質が溜まっている状態です。その上からどんなに贅沢なケアをしても意味がありません。まずは角質をスッキリ取り除き、肌をリセットする必要があります。

角質ケアのピーリング化粧品はドラッグストアや専門店で手に入れることができます。石鹸やジェル状のものなど色々なタイプがあります。

ただし、無理にゴシゴシと角質をとるような方法や過剰な回数のケアはかえって肌にダメージを与えてしまいます。あくまで「余分な角質を取り除く」ということを念頭に、ご自分にあった方法で角質ケアを習慣化しましょう。

その2 ワンランク上の潤いケア

ついつい、面倒という理由からオールインワンのジェルだけでスキンケアを済ませていませんか?それが通用していたのは30歳までです。この季節にパックなどの保湿ケアをプラスするだけで肌にふっくらとした潤いが戻ってきます。

一昔前ですとパックは作るのも塗るのも一手間必要でしたが、今はシートマスクという強い味方が!もともと美意識の高い国、韓国から人気に火が付き、今では国内でも各社競って商品を開発しています。値段、効果は様々ですが、安価なものでも充分な保湿効果をもたらせてくれます。

注意しなくてはならないのが使用時間です。長過ぎると、乾燥し始めたシートに肌の潤いが逆に奪われることに!シートの種類にもよりますが、10分〜20分程度が効果的な時間だと言われています。

その3 乾燥知らずの正しい洗顔を身につける

実は肌を乾燥させないことで一番重要なことは、

「洗いすぎない」「こすりすぎない」ということなんです。

洗顔フォームを多く使う過剰な洗顔は、顔にある天然の油分(皮脂膜)まで取ってしまい、その結果、肌のバリア機能が失われ乾燥を促進してしまうことに!

また、よく汚れを落としたいという気持ちからやってしまいがちなゴシゴシ洗いは皮膚を傷つけてしまい、乾燥やかゆみの原因に!

さらに、寒いからという理由で熱いお湯で洗顔をすれば皮脂膜はほとんどなくなってしまいます!

ぜひ、覚えていただきたい「乾燥知らずの正しい洗顔」は以下のとおり。

① 朝は水またはぬるま湯ですすぐのみ


② 夜は石鹸や洗顔フォームをよく泡立て、なるべく指の摩擦がないように洗う


この2点を注意するだけで、肌の潤いに差がでてくるのなら、実践しない手はありませんね。

最後に、問題の「笑ったらしわって増えちゃうの?」ですが・・・

しっかり保湿ケアを怠らなければ、しわを気にせず思いっきり笑ってもいいのではないでしょうか。イライラしすぎて、眉間のしわが深くなるよりずっと健全だと思いますよ。

あなたの毎日がどうか笑顔であふれますように!

プロのケアで差をつける

すでに深く定着してしまったしわでお悩みの方、あきらめずにご相談ください。

川崎中央クリニックでは様々な部位のしわに適応可能な「ヒアルロン酸注射」や「BTX VISTA」を使用した注射治療をおすすめしています。

●ヒアルロン酸注射
年齢とともに現れ始める、口もとや目もとにできる気になる「しわ」や「たるみ」。そんな悩みを解消する治療法にヒアルロン酸注入法があります。美容外科形成外科川崎中央クリニックでは、症状にあわせてヒアルロン酸を厳選し、治療プランをご提案しています。

ヒアルロン酸注射はこちら
●BTX注射
表情ジワを改善し、自然な若々しい印象に!注射による治療で使用する注射剤は、ボツリヌス菌が産生する成分が含まれており筋肉の動きを抑える作用があります。。注射による治療の効果は個人差もありますが、注射をしてから数日でしわのないハリのあるお肌を実感していただけます。

BTX注射はこちら

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約