あなたの気になるたるみは?〜部位に適した「たるみ治療」〜

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. コラム

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

コラム

第40回 あなたの気になるたるみは?〜部位に適した「たるみ治療」〜

女性の共通の悩み「たるみ」

老け顔を作ってしまう要因No.1! それが「たるみ」です。
顔のたるみはいつからどのように始まり、どのように変化していくのでしょうか?

たるみというのは、いきなりブルドッグのようにわかりやすく肉が下がってしまうワケではありません。

もちろん個人差はありますが、20代後半から徐々に始まっていくものです。
最初はなんとなく顔全体に影があるように感じ始め・・・

30代に入ると、目の下がクマっぽく、ほうれい線が現れ始め、フェイスラインが緩んできます。

40代になると、たるみはわかりやすく一気に進みます。
ほうれい線はハッキリとし、目の下はあきらかにたるみ、フェイスラインはぼやけ、二重あごになる人も・・・

そのまま、何もケアをしなければ、たるみはさらに加速し、50代・60代には、たるみに覆われた立派な「老け顔」へと変化していきます。

問題は、どのタイミングで「たるみ」を気にし始めるか?
そして、そのタイミングで「どのような対策をするべきか?」ということです。

今すぐできる「たるみ対策」

結論から申し上げると、どのタイミングで「たるみ」を気にし始めたとしても、とるべき対策は同じです。

歳を重ねれば、誰にでも起こりうる3つの要因に対して、
それぞれの対策を行うことで、たるみの予防になりますし、進行を緩やかにすることも可能です。

要因① 肌の弾力の減少
肌の弾力を保つ役割をもった「コラーゲン」「エラスチン」が急速に減少し、肌の弾力は失われ「たるみ」が発生。

対策は・・・
保湿対策に力を入れ、肌の保水力を維持する。紫外線対策も怠らない。
要因② 皮下脂肪の増加
代謝機能が衰え、皮下脂肪が顔にも付き始めます。その皮下脂肪が重力によって下がったものが「たるみ」に。

対策は・・・
適度な運動を取り入れ、身体を引き締める。余分な脂肪を付けないようにバランスの良い食事を心がける。
要因③ 表情筋の衰退
加齢と共に衰えた表情筋は、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなり「たるみ」が生じます。

対策は・・・
長時間のパソコンやスマホ使用を控える。(無表情のまま下を向いていると表情筋が衰えます。)「表情筋のトレーニング」などをとりいれ表情筋を鍛える。

部位別!おすすめたるみ治療

以上、お話したのは、あくまでも「たるみ予防」「進行予防」であって、出来てしまった深刻なたるみは、セルフケアでは改善できません。そのまま放置すれば、そのたるみの重さで、新たなたるみが生まれてしまうでしょう。そうならないためにも早期の治療が重要です。

たるみ治療は、その部位や進行の度合いによって適した治療法があります。
あなたの、気になるたるみはどこですか?

目元のたるみ

目元は、皮膚が薄いうえに、仕事や趣味などで酷使することが多く、たるみが発生しやすい部位です。
たるみが発生するのは、目尻、上まぶた、下まぶたです。
目の下に膨らみを感じたり、逆にくぼみを感じるのは下まぶたがたるんだ証拠です。
また、上まぶたがたるみ、目が開きづらいと感じている方は眼瞼下垂という症状になっている場合があるので要注意です。目の周りのたるみを改善することで、若々しい印象に変化します。

当院の目元のたるみ治療

頬のたるみ・口元のたるみ

頬がたるむと、小鼻から口角にかけて八の字に「ほうれい線」が現れます。
そして、口元がたるむと、口角からあごにかけて「マリオネットライン」と呼ばれる線が現れます。
「ほうれい線」と「マリオネットライン」は老け顔の象徴なので、その存在に悩む女性は沢山います。
たるみを改善することで、どちらの線も薄くなり、若々しさを取り戻す事ができます。

当院の頬のたるみ、口元のたるみ治療

          

フェイスラインのたるみ

「なんとなく輪郭がぼやけてきた」「顔が大きくなった気がする」という方は顔全体がたるみ始めているのかもしれません。
治療によってシャープな輪郭を取り戻すことで、見た目年齢を格段に下げる事ができます。また小顔効果によって、美人度もアップ!!!

当院のフェイスラインのたるみ治療

当院ではカウンセラーが患者様お一人お一人の状態を見極め、それぞれ適した「たるみ」治療法をご提案します。ぜひ、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約