二重あご・フェイスラインなら川崎中央クリニック

0120-190-929受付9:30〜19:00(完全予約制)土・日・祝日も開院 携帯からも可能!

  1. 美容外科形成外科 川崎中央クリニックトップ > 
  2. 【第65回】「脱!二重あご」で若々しいフェイスラインを取り戻す

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

院長南部 正樹医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

  • 麻酔に関するご案内

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

【第65回】「脱!二重あご」で若々しいフェイスラインを取り戻す

第65回 「脱!二重あご」で若々しいフェイスラインを取り戻す

あごがモタつく・フェイスラインがぼやける

コロナ禍の影響で、パソコンやスマートフォンを使ったオンラインでの打ち合わせやミーティングの機会が増えました。

その際、画面に映った自分の顔に驚いたことはありませんか?

思わず目を疑いたくなるような“二重あご”や“もたついたフェイスライン”
に改めてショックを受けたという経験、アラフォー・アラフィフ世代の方なら身に覚えがあるはずです。

鏡で正面から見る分には判りにくいのですが、下や横のアングルから見ると、年齢が出てしまうのが“あご”です。“あご”がもたついているか否かで若々しさの印象は大きく左右されます。

今回は“二重あご”や“あごがもたつく”原因を探りながら、若々しいあごを取り戻すための秘訣についてお話します。

“二重あご”の原因と対処法

フェイスラインがもたついたり、二重あごができる原因は主に次の4つです。

原因① 皮下脂肪(肥満)

年齢を重ねると基礎代謝が低下し、皮下脂肪が溜まりやすくなります。顔についた皮下脂肪が重力によって垂れ下がることで、二重あごを形成してしまいます。

<対処法>
ダイエットをし減量することでフェイスラインについた脂肪を落とせば、もたつきや二重あごは改善されるでしょう。適度な運動とバランスの良い食事を心がけましょう。

原因② たるみ

加齢によって生じるたるみもフェイスラインを崩してしまう一要因です。
たるみは肌の弾力の衰退と、顔の筋肉の衰退によって生じます。

肌の弾力を保つ役割をもった“コラーゲン”“エラスチン”は35歳を過ぎた頃から急速に減少し、肌の弾力は失われていきます。
また加齢と共に衰えた顔の筋肉(表情筋)は、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなりたるみが生じます。


<対処法>
保湿対策に力を入れ、肌の保水力をアップさせましょう。また肌ダメージを避けるためにも、紫外線対策は重要です。無表情のまま長時間下方向を見るスマホやパソコンの使用は表情筋の衰えを加速させるので控えましょう。また、表情筋のトレーニングなどをとりいれ表情筋を鍛えるのも改善効果があります。

原因③ むくみ

加齢により舌の筋肉が衰えると、血液やリンパの流れが滞り“むくみ”が生じ、結果フェイスラインをもたつかせている場合があります。

<対処法>
舌の筋肉を鍛えることで、あごの下に溜まった老廃物が排出されれば、すっきりとしたあごになります。

〈舌の筋肉を鍛えるエクササイズ〉
舌を根元からしっかりと動かしながら、「ら・り・る・れ・ろ」と大きく口を動かします。これを5回ほど繰り返しましょう。(声は出さなくても OKです)

原因④ 姿勢の悪さ

首や顔が前に出ている姿勢が習慣化されている方は、首の前に余分な脂肪が蓄積し、二重あごだけではなく、頬が垂れ下がるブルドック顔になる危険性があります。

首や顔が前に出る姿勢は、血液やリンパの流れを悪化させ、肩コリや老廃物の詰まり、むくみを引き起こし、二重あごやフェイスラインのもたつきの原因になるのです。

<対処法>
顔の位置を正しくすることを意識し、習慣化しましょう。
耳と肩先が一直線になり、首の上に頭が乗っている状態が正しい顔の位置です。

二重あごの改善は輪郭治療・顔のたるみ治療で

当院では、短時間で二重あごや顔のもたつきを改善したい方に輪郭治療・顔のたるみ治療をおすすめしています。

〈当院の輪郭治療・顔のたるみ治療〉

●輪郭注射むくみを解消し、リンパの循環を促進する効果、また顔の脂肪やセルライトに直接働きかけ分解する効果があります。

輪郭注射はこちら
●小顔筋肉注射筋肉の過度の発達を薬剤の力によって抑え、お顔の固太りを改善する治療です。

小顔筋肉注射はこちら
●ウルセラ超音波の力でたるみを改善し、リフトアップをすることで、フェイスラインをシャープに整える治療です。

ウルセラはこちら
●サーマクールCPT高周波エネルギーによって肌をひきしめ、顔をシャープにサイズダウンします。

サーマクールCPTはこちら

※それぞれの機器の特徴を活かした、複合治療も可能です。

当院ではカウンセラーが患者様お一人お一人の状態を見極め、原因や症状に応じた輪郭治療・顔のたるみ治療をご提案します。

ぜひ一度ご相談ください。




まずは無料相談へ→

<この記事の監修ドクター>
南部 正樹  医師
(日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医)

経歴
 平成10年 防衛医科大学校卒業
 平成10年 防衛医科大学病院 形成外科入局
 平成22年 中央クリニック 院長就任

監修医師紹介ページはこちら

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

院長紹介

院長 南部 正樹
院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

初回来院は相談無料です。お気軽にご予約ください。
受付 9:30〜19:00(完全予約制)
土・日・祝日も開院 携帯からも可能!

0120-190-929

インターネットでのお問い合せ

初回来院は相談無料です。お気軽にご予約ください。
専門のカウンセラーが親切丁寧に対応いたします。