美肌になるため腸内環境を整えるなら川崎中央クリニック

0120-190-929受付9:30〜19:00(完全予約制)土・日・祝日も開院 携帯からも可能!

  1. 美容外科形成外科 川崎中央クリニックトップ > 
  2. 【第67回】美肌になるための腸活のススメ

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

院長南部 正樹医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

  • 麻酔に関するご案内

アクセス

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

【第67回】美肌になるための腸活のススメ

第67回 美肌になるための腸活のススメ

腸活とは

最近なにかと話題の“腸活”という言葉。

腸の状態を整え健康を維持するための活動、略して“腸活”です。

腸の状態を良好に整えることが、健康維持・免疫力アップ。
そして、美肌を保つためにも重要だということが注目されています。

エイジレスな美しい肌を保つための、体の内側からのアプローチ“腸活”について、詳しく解説します。

腸内フローラについて

人間の腸内には約1000種類、100兆個もの細菌が生息しています。
これらの細菌が小腸から大腸にかけてバランスをとりながら腸内環境を良い状態に導いています。
腸内の細菌はまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のように見えることから“腸内フローラ”と呼ばれています。

“腸内フローラ”が良いバランスを保てていれば、健康を維持し、免疫細胞を活発化し病原菌などから身体を守るバリア機能を向上することができます。

このバランスの良し悪しは、腸内細菌の種類が大きく関係してきます。

3つの腸内細菌

腸内細菌は大きく3つの種類に分類されます。

善玉菌

身体にとって良い働きをする菌で、代表的なのは、ビフィズス菌や乳酸菌などです。腸の運動を促すことによって、お腹の調子を整えたり、悪玉菌の侵入や増殖を防ぎ健康を維持する働きをします。

悪玉菌

逆に身体に悪い影響を及ぼす菌が悪玉菌です。腸内で有害物質をつくり出し、健康状態を脅かします。悪玉菌が増えると、便秘や下痢など、お腹の調子が悪くなることもあります。主な悪玉菌はウェルシュ菌や病原性大腸菌などです。

日和見菌(ひよりみきん)

どちらにも属さない菌で、腸内の善玉菌・悪玉菌の多い方に味方します。
つまり身体の状態によって、良くも悪くも働くことがある菌だということです。そしてその数は腸内細菌の中で一番多いとされています。
主な日和見菌は連鎖球菌や大腸菌(無毒株)などです。

善玉菌は日々、悪玉菌と戦い、悪玉菌の増殖や定着を阻止しています。
“腸内フローラ”を良いバランスに整えること=腸活
すなわち、善玉菌を増やして、腸内を善玉菌優勢の状態に導く活動と位置付けられます。

腸と肌の関係

便秘が続くと肌が荒れる…といった経験はありませんか?
それは腸内に便が長く滞留されることで、腐敗によって悪玉菌が増殖し有害物質を生成するためと言われています。

有害物質は血流にのって全身を巡り、肌にも到達し蓄積されます。
その結果、肌のターンオーバーが乱れ、乾燥や肌荒れを引き起こすのです。

腸の不調から肌の不調にならないためにも“腸活”で腸内環境を整えることが重要なのです。

腸から美肌になるための食事

では、実際の“腸活”はどのようにすればよいか?
腸内環境を整える食事のポイントは2つです。

1. 乳酸菌を含む食品(プロバイオティクス)を摂取

腸内フローラのバランスを整える体表的な菌が乳酸菌です。

1動物性乳酸菌・・・チーズ・ヨーグルトなど
胃酸に弱く腸に届くまでに菌が死んでしまうと言われていますが、死んだ菌でも腸内の善玉菌のエサとなります。
2植物性乳酸菌・・・ぬか漬け・キムチなど
植物性乳酸菌は腸内に生きたまま届きやすく、悪玉菌の繁殖を防いでくれます。

2. 善玉菌のエサとなる食品(プレバイオティクス)

腸内細菌を腸の中で増やす為には、菌のエサもセットで取ることが大切です。
毎日習慣的に摂り入れることで腸内の善玉菌を増やしてくれます。

1食物繊維食品・・・ごぼう・にんじんなどの野菜や豆類、きのこ類、海藻類、果物類
2オリゴ糖を含む食品・・・大豆・アボカド・バナナなど

外側からの美肌アプローチなら美容医療にお任せ

日々の “腸活”で身体の内側から美肌を維持することも大切ですが、美容医療の外側からの美肌アプローチで一気に差をつけてみませんか?

美容医療クリニックでは、患者様の肌症状に応じた様々な美肌治療をご用意しております。

いずれも短時間の施術で、ダウンタイムも少なく、日帰りで受けていただける美肌治療ばかりです。

当院では、施術前に時間をかけた丁寧なカウンセリングを行っていますので、患者様に安心して治療を受けていただけます。ぜひお気軽にご相談ください。

男性脱毛に関する無料相談を随時行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

当院の美肌治療→

まずは、無料相談へ→

<この記事の監修ドクター>
南部 正樹  医師
(日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医)

経歴
 平成10年 防衛医科大学校卒業
 平成10年 防衛医科大学病院 形成外科入局
 平成22年 中央クリニック 院長就任

監修医師紹介ページはこちら

このページの先頭へ

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

美容外科形成外科川崎中央クリニック 地図

院長紹介

院長 南部 正樹
院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

初回来院は相談無料です。お気軽にご予約ください。
受付 9:30〜19:00(完全予約制)
土・日・祝日も開院 携帯からも可能!

0120-190-929

インターネットでのお問い合せ

初回来院は相談無料です。お気軽にご予約ください。
専門のカウンセラーが親切丁寧に対応いたします。