瞼の裏から手術をするタッキング法で顔の表面に一切傷をつけずに治療することが可能です。

0120-190-929

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
  1. 美容外科トップ > 
  2. 診療科目 > 
  3. 目もと > 
  4. タッキング法(経結膜法)

院長紹介

院長 南部 正樹 医学博士

医学博士 日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医 防衛医科大学校病院 形成外科技術指導医 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちら

アクセス

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階

詳細はこちら

  • 医療機関のホームページガイドラインの対応について
  • 医療レーザー脱毛なら、日本医学脱毛学会認定クリニックの医療レーザー脱毛
  • 男性・メンズ脱毛
  • あなたのダイエットを無理無く医学的にサポートします!
  • もう汗やニオイで悩まない わきが・多汗症は治ります!
  • 「刺青・タトゥー除去」は経験豊富な専門医へ!
  • コンプレックスに縛られないと決めた患者様へ
  • クリニックブログ
  • 人気の治療法
  • エイジングケアに関する情報満載 コラム
  • お悩み相談室
  • 看護師募集
  • よくあるご質問

未成年の方へ

未成年の方は親権者の同意書が必要です。

ダウンロードする

※上のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きます。印刷してご記入の上ご来院ください。

 

タッキング法(経結膜法)

タッキング法とは

まぶたの裏側から手術をするため、顔の表面に一切傷をつけません。

眼瞼下垂の原因は生まれつき、加齢によるもの、最近ではコンタクトレンズの長期使用によるものが多く認められます。治療は上まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の機能がある程度残っていれば、この筋肉を短縮することでまぶたの開きを良くします。
通常は皮膚を切開して手術を行いますが、まぶたに傷跡を残すこと、手術中にまぶたが腫れてしまい、細かい微調整が難しいことが難点でした。
そこで美容外科形成外科川崎中央クリニックでは皮膚を切らないで瞼の裏側から行うタッキング法(経結膜法)による眼瞼下垂修正をお勧めしています。

MEMO

眼瞼下垂の構造「上まぶたの構造と老化」
正常な状態眼瞼下垂(がんけんかすい)

まぶたの裏側には、眼瞼挙筋というまぶたを持ち上げる筋肉があります。この筋肉の働きにより、まぶたの裏側にある眼板が持ち上げられると目が開きます。生まれつきの先天性眼瞼下垂には、眼瞼挙筋の働きが弱いものがあります。また、後天性眼瞼下垂には、挙筋腱膜がのびてしまい、眼瞼挙筋が眼板から離れてしまうものや、皮膚がたるむケースがあります。コンタクトレンズの長期使用、目やそのまわりのケガ等で起こることもあります。

眼瞼下垂の症状による分類
正常な開眼
瞳は全体の80%ほど露出し、瞳孔は100%露出している状態。
軽度下垂
まぶたが下がり、瞳孔に少しかかる状態。
中等度下垂
まぶたが下がり、瞳孔中央近くまで下がった状態。
強度下垂
まぶたが下がり、瞳孔中央を超えて更に下がった状態。

眼瞼下垂の種類

先天性眼瞼下垂 生まれつきの眼瞼下垂 ・単純性眼瞼下垂
・動眼神経麻痺
・眼瞼縮小症候群など
後天性眼瞼下垂 生まれた時は普通だったが、その後まぶたが下がってきた状態 ・腱膜性眼瞼下垂
・老人性眼瞼下垂
・動眼神経麻痺
・外眼筋ミオパチー
・外傷性眼瞼下垂
・コンタクトレンズ性眼瞼下垂
・内眼術後眼瞼下垂
・重傷筋無力症
・Horner症候群など
偽眼瞼下垂 眼瞼下垂ではないが、一見そのように見える状態 ・眉毛下垂
・眼瞼痙攣
・眼瞼皮膚弛緩症など

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

川崎中央クリニックのタッキング法の特徴

特徴1
皮膚を切らない経結膜法で傷跡が見えません。
特徴2
目の開きが良くなることで、眉毛を上げる癖がなくなります。
特徴3
黒目がより露出することで、目ヂカラがUPします。

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

このような方に向いています

  • 目の開きが悪く、視界が悪い方
  • 黒目を大きく見せて、見た目の印象を変えたい方
  • 傷がつかない方法で、治療をしたい方
  • 眠そうな目と言われたことがある

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

施術の流れ

カウンセリング・診察
まぶたの状態を診察し、ご希望の仕上りなどをお伺いします。心配な点や分からないことなど何でもご相談ください。
施術
局所麻酔後、まぶたの開き具合を確認しながら行ないます。治療時間は約30分です。
施術後
術後、そのまま歩いてお帰りいただけます。洗顔は当日から可能です。
アフターケア
手術後に腫れや痛みなど、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら検診にご来院いただきます。

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

施術について

所要時間 30分程度
施術回数 術後の通院0〜4回
痛み 局所麻酔を行います。
ダウンタイム 腫れ(3日〜1週間)
アフターケア 翌日からメイクが可能
注意事項 術後、2〜3日はできるだけ安静にしてください。可能な限りアイシングすることをお勧めします。

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

組み合せると効果的な施術

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

よくある質問

術後の傷跡は目立ちませんか?
経結膜法でしたら、皮膚を切らないので、傷跡は見えません。皮膚のたるみがあり、皮膚を切開する経皮法の場合は、メイクで十分隠れる範囲ですが、手術後1〜3ヶ月は赤みのある線となります。さらに時間が経つと元々あるしわのように目立たなくなります。
術後の腫れはどのくらい続きますか?
個人差はありますが、経結膜法でしたら1週間くらいで腫れが落ち着いてきます。経皮法の場合は、2〜4週間で引きますが、最終的な仕上りは約3ヶ月後になります。
片目だけでも治療はできますか?
はい。片方の目だけ眼瞼下垂の症状が見られるケースもございます。その場合は、片目だけの治療が可能です。
ハードコンタクトをしていると眼瞼下垂になりやすいと聞きましたが、どのくらいの期間しようするとなりますか?
一般的には5〜10年ハードコンタクトを使用しているとハードコンタクトレンズ性眼瞼下垂になると言われています。気になる方はご相談ください。

タッキング法(経結膜法)に関するよくある質問をもっと見る

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

院長からの一言

コンタクトレンズの使用などにより、眼瞼下垂修正の患者様は増えてきています。眼瞼下垂修正は目の開きが悪くなるだけではなく、おでこのしわ、上まぶたのくぼみ、肩こりの原因にもなりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

料金

詳細 費用 備考
タッキング法(経結膜法) 切らない方法 350,000円  

眼瞼下垂の治療、タッキング法でまぶたの下がりを解消TOPへ

施術メニュー

アクセス

美容外科形成外科 川崎中央クリニック

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分! 1階、ファミリーマートを正面にみて左側にある入口からエレベーターで5階までお越しください。

GoogleMapで地図を見る

院長紹介

診察、治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。

院長 南部 正樹
医学博士
日本形成外科学会 日本形成外科学会専門医
防衛医科大学校病院 形成外科 技術指導医
中央クリニック技術指導医

このページの先頭へ

ご予約・お問い合せ

電話でのお問い合せ

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約